「試合を決めた今日の1球」オースティンが打った4球目のカットボール

スポーツ

横浜DeNAベイスターズ。

今日は坂本デーでした。素晴らしいナイスピッチングで!6回81球ヒットはたったの1本、何よりも無四球がすごい。球種はストレートとチェンジアップだけなのに、コントロールが抜群。とても新人とは思えないピッチング。

今年のドラフト2位、しかも左腕。横浜DeNAベイスターズはこのところドラフトがいい。

(画像出展:横浜DeNAベイスターズHP)

山﨑19、石田14、今永21、濱口26、東11、上茶谷27、そして今年の坂本20。

さて、今日の1球は初回の中日の岡野投手がオースティンに投げた4球目のカットボール。岡野投手は中日の新人投手。1回裏、0-0、2アウトランナーなしで迎えた3番バッターのオースティン。

ストレートを2球続けてカウントは1-1。3球目は外角低めのカットボール。オースティンは完全なボール球を振理にいって空振り。バットとボールがボール3つ分離れていてとても打てそうにない。

そして4球目、投げた球は同じカットボール。ただ、コースが思いきり甘く入って真ん中の高め。これをオースティンは待ってましたとばかりにオースティンは思い切って右にもっいくと、打球は高い弧を描いてライトスタンでへ。

(画像出展:横浜DeNAベイスターズHP)

もし、あの球が3球目と同じ外角低めに落ちていたら、完全に空振り三振だった。その証拠にその後の3打席はまったく同じ、外角低めに落ちるカットボールとスライダーで3三振。

ifは禁物だが、もしあのボールが外に制球されていたら、新人の岡野投手は初回を0で抑えて一息ついて落ち着いて次の回も投げられたのでは。

というわけで今日はオースティンへの4球目でした。