横浜今永の投げたストレートと、阪神小川の投げたストレートの違い

スポーツ

横浜何と5連勝、強い。

打線が噛み合って苦手阪神に6-0の完勝。打っては宮崎、オースティン、投げては今永の8回0封。というわけで、今日の1球は今永投手が阪神糸原選手に投げた3球目のストレートと、オースティンが打った3球目のストレート

8回の表、1-0で迎えたランナー1、2塁のピンチ。投手今永、阪神は代打の糸原。初球はカットボールが外れて0-1、2球目のカットボールは外側に決まって1-1。2球とも打つそぶりもなく見送ったので、狙い球はストレート。これは伊藤捕手も今永投手もわかっていたと思う。そこにあえて投げたインハイのストレート。威力あるボールに、糸原の打球はどん詰まりのセカンドゴロ。

同じような場面が次の回に起こります。8回裏、1-0でソトがライト前に弾き返して0アウト1塁。打席はオースティン。初球、2球目と振るそぶりはまったく見せない。これも糸原と同じように見え見えのストレート待ち。にもかかわらず、阪神の新人小川の投げたボールはストレート。しかし、今永の投げたボールと違うのは勢いとコース。

オースティンの得意の真ん中高めに普通のストレートがスーッと入っていった感じ。待ってましたとオースティンは上から叩くとボールはあっという間にバックスクリーンへの2ランホームラン。3-0これで勝負は決した。

その後横浜DeNAベイスターズは3点を追加し、終わってみれば6-0の完勝。

勝負を分けたのはストレート。同じストレートでも、今永の投げたボールはインハイの厳しい勢いのあるボール、小川の投げたボールは真ん中高めのボール。

この1球の違いが勝負を分けた。8回を投げて疲れているはずの今永、この回からマウンドに上がった小川。

疲れているはずの今永のボールの方が生きていた。

(画像出典:横浜DeNAベイスターズ)