試合を決めた一打。柴田はなぜ打てたのか?横浜DeNA

スポーツ

6/28、阪神戦、試合を決めた今日の場面です。

場面は7回裏、4-1横浜3点のリードでむかえた2アウト2,3塁。打者は谷川、打者は柴田。柴田の打席の前、ノーアウト満塁から戸柱がファーストゴロのホームゲッツーを食らって点は入らず。ここで柴田が凡退すれば流れは阪神に大きく傾く場面。

速球投手の谷川は戸柱をアウトにとった速球で初球アウトコース、2球目インコースと簡単に2ストライクに柴田を追い込む。3球目は同じくインコースの速球をファールで逃げる柴田。完全に谷川ペース。4球目はアウトローに外れる147kmの速球が外れる。谷川の真っ直ぐ勝負はみえみえ。

そして5球目はインハイへのこれも速球。柴田はこれを振り抜き、痛烈にライト前に弾き返した。この場面、谷川の落ちるボールを考えず、追い込まれながらストレート一本を待った柴田の読み勝ち。

(画像出典:横浜DeNAベイスターズ)

この回大和にもタイムリーが出て7-1の5点差に。8回にもダメおしの2点を入れ9-1で横浜DeNAベイスターズの勝利。あそこで柴田にタイムリーが出てなければ3点差のまま、8回に。昨日山﨑が打たれ終盤に逆転された悪夢が脳裏に浮かぶ場面。

よくぞ、打ちました。柴田すごい!