今日の1球。今永が嶋に投げたストレート

スポーツ

連敗はしない今年の横浜DeNAベイスターズ。巨人に負けた後の大事なヤクルトとの1回戦。5-4で勝利。

今日の1球は4回裏、4-4で迎えた1アウト満塁の場面。投手は今永、打者は嶋。ここでワンヒット出れば2点差になる、まさに中盤の山場。しかもネクストはピッチャーの石川。嶋が凡退すれば点の入る確率は極めて低くなります。どうしても抑えたい今永が迎える打者は嶋。嶋は楽天から鳴り物入りでFAした期待の捕手。しかし、今シーズンはここまで打率は.167。セリーグの投手に弱点であるインコースを突かれて大不振。

初球、今永の投げたチェンジアップはは高めに浮いてワンボール。そして2球目は同じチェンジアップが今度はど真ん中に。しかし、不振の嶋はこれを見逃す。あまりにもあまり球を見逃した嶋は、しまったという顔をして天を仰ぐ。続いて今永が投げた2球目外寄りのストレートは、慌ててバットを出す完全な振り遅れ。そして試合を決めた今永の4球目。渾身のストレートは嶋の苦手なインハイに見事にコントロールされる。嶋は振りに行くも、どん詰まりのキャッチャーへのファールフライ。

 

嶋が打つべきは2球目のど真ん中のチェンジアップだったと思います。あれを見送った時点で勝負は決していましたが、勝負球に嶋の苦手なインコースにズバッと投げた今永はすごい。

横浜DeNAベイスターズはこれで、8勝5敗で首位の巨人に1.5歳。今永は2勝目。今年はなんだかいけそうな気がする。