今日の1球。乙坂はなぜあの球に手を出してしまったのか

スポーツ

横浜DeNAベイスターズ、昨日の結果はひじょーーーに悔しい。なぜなら勝てた試合だったからです。ヤクルトとの2回線、8-10で負け。しかも15安打も打ちながら。しかもしかもヤクルトはたったの6安打。期待の若手投手中川は3回2ホーマーを浴び4失点。登録抹消だそうです。

痛すぎる佐野の落球

ラミちゃんが試合後指摘したように本当にミスの多い試合でした。平田投手の暴投、そしてなんといっても8回裏ヤクルトの先頭打者のなんでもないレフトフライを佐野がグラブの土手の当てて落球。結果的にこの回の2点が決勝点となってしまっただけに、この落球は本当に痛い。

(画像出典:横浜DeNAベイスターズ)

しかし、わたしはこの落球よりもむしろ乙坂の打席を指摘したいのです。場面は8回の表、5-8の3点ビハインドで迎えた横浜DeNAベイスターズのチャンス。ヤクルトの梅野に対し、ロペス、宮崎、戸柱がヒットでつないで1アウト満塁で打席は乙坂。そして梅野の初球のスライダーは外れ1ボール、続くストレートも大きく外れてカウントは2ボールナッシング。

繰り返しますが、ワンアウト満塁、場面は終盤、点差は3点です。しかも梅野はこの回明らかに制球に苦しんでいる。ヒットで点が入れば1番良いのですが、あわよくば押し出しでも可能。むしろ労せずして点の入る押出しの方が都合が良いくらい。いずれにしても、1球待って様子をみるか、あるいは四球を出したくない梅野が投げるであろう狙い球をど真ん中のストレートに絞って待つ場面。

乙坂はなぜあの球を振ってしまったのか?

ところが、乙坂はインコースのクソボールのスライダーに手を出して空振り。「クソボール」でしかも「スライダー」です。投げた瞬間ボールとわかるくらいのクソボールです。待っていれば3-0のところをカウントは2−1に。案の定次の球はボール、待っていれば押し出しで6-8の2点差梅野はますます四球を怖がり、次の打者に対しても真ん中に球が集まっていったと思います。

結果、乙坂は犠牲フライを打ち点差は6-8になりましたが、アウトカウントが増えて2アウト。続く打者が凡退して2点差のまま残す攻撃回は最終回のみ。もしこの場面、乙坂につなぐ気持ちがあれば、あの球には手を出さなかったと思います。

これは結果論でなく、あの球は手を出すべきでない。うちに行くべきでなかった。勝敗を分けたのはこの1球だと思います。
乙坂はスーパーサブの貴重な存在ですが、どうしてもレギュラーにはあと1歩手が届かない。

なんとか一皮むけて成長してもらいたい選手です。がんばれ乙坂!