「下着をたたんではいけない」理由

リテラシー

世の中には無駄なことがいろ色ある。その数ある無駄の中の1番の無駄、無駄のなかの無駄。無駄のホームラン王は「下着をたたむことである」と断言したい。
「下着 たたむ」でググるとこれでもかと、綺麗な下着のたたみ方が出てくる。例えば

女性用ショーツのたたみ方
1.前側を上にして広げる、2.左側3分の1を折る、3.同様に、右側も縦に折流、4.上から3分の1ほど折る、5.下からも同様に折り、ウエストのゴム部分に入れ込む、6.手のひらに収まるほど、小さくなって完成。

 

男性用トランクスのたたみ方
1.前側を上にして広げる、2.真ん中で縦に半分に折流、3.右から3分の1ほど折ります、4.左側も同様に折流、手順5.上から3分の1ほど折流、6.下からも同様に折り、ウエストのゴム部分に入れ込んで完成。
という感じです。

このほかにもブラジャーのたたみ方、キャミソールのたたみ方、インナーのたたみ方、男性肌着のたたみ方、子供のパンツのたたみ方、ブラジャーのたたみ方、靴下のたたみ方といろいろ出てくる。

ちなみに試しにわたしは自分のパンツをたたんでみたのだが、まあまあめんどくさい。主婦のみなさんだけでなく、独身の方々はパンツ、シャツ、靴下等々を洗濯するたびにたたんでいるのだと考えると、正直気の毒になる。

一生のうち2ヶ月間を費やし下着をたたんでいる

Yahooの知恵袋というのは、いろいろな質問をする人がいて、またその中にあるくだらない?質問でも丁寧に答えてくれる人がいるからまた面白い。
で、その知恵袋に「下着をたたむ時間」という質問があるか調べてみたら、ありました。こちら。

洗濯物をたたむのに何分かかりますか?できれば家族構成なども添えて教えてください。
洗濯物をたたむのに何分かかりますか?できれば家族構成なども添えて教えてください。

で、その答えは

「夫婦と未就学児2人です。
畳むのは15分もあれば充分です。
でもたいてい子どもに邪魔されながらなのでそれ以上かかったりします(笑)」
「家族四人。主人の仕事着・子供の部活のTシャツ・子供と私の私服上下・下着4人分・バスタオル4枚・フェイスタオル(洗面・台所・部活用)4枚・布巾等々・・・たたむだけなら集中すると10分くらい。たたんだものを収納する時間を入れると毎日15分くらいかかります」
「夫婦二人です。計った事は無いですが畳むだけなら、3分もかからないと思います。
畳むよりも其々の置き場に運んで仕舞う方が面倒くさいです(-_-;)」

てな感じで、家族4人だと10分、夫婦2人だと数分という具合。国民平均?を取ると、ざっくり間をとって5分て感じでしょうか。洗濯は毎日するので年間だと5×365=1,825分、つまり下着をたたむのに年間30時間を費やしているということ。これを一生やった場合、30時間×50年=1.500時間になります。日にちに直すと62日、つまり2ヶ月。一生のうちの2ヶ月を洗濯ものをたたむために費やしているのです。

下着はたたむ必要がない理由

冒頭で下着をたたむことが無駄だと結論つけてしまいましたが、その理由はたたまなければならない合理的な理由がどうしても見当たらないからです。下着をたたむ必要がない理由をあげると、
1.人に見せるものではない、2.下着はしわにならない。なっても問題ない、3.つまらんストレスがかかる、さらに4.なんと、たたまない方がうまく収納できたりする

レジ袋と衣類は「たたまない」ほうがうまく収納できる理由
片づけが苦手な人に多いのが「たたむ収納」ことにこだわるケースです。しかし私は、レジ袋と衣類に関しては「たたまない」ほうがうまく収納ができて、ストレスも軽減すると考えています。

つまり、下着をたたむということは、時間をかけて下手に収納していたという究極の無駄。

ちなみに、無理やり下着をたたむほうが良いと考える理由をネットで探してみると、「たたんだのを見ると気持ちがいい」「なんとなくスッキリする」というもので、つまりは自己満足。

下着はどうするべきか

下着は洗って干したらそのまま下着入れにブッ込むというのが正しいやり方。この時、パンツだシャツだ靴下だと分けてはいけない、ひたすらまとめてブッ込むだけ。着る時に下着入れから取れば良い。さすがにパンツを間違って着る人はいないし、シャツを履く人もいないだろうし。小池百合子ではないが、これで「ストレスゼロ、時間ゼロ」なのだ。

そういえば、いつぞや見たテレビで元スマップの中居君が、「僕は下着なんてたたみません。洗濯物は干したままです。そっからとって着ればいい」と言って他のを見たことがありますが、正解だったのです。さすが中居くん。
というわけで、明日から下着奴れいから解放されましょう。