投資マンションは生命保険代わりにもなるんやで

不動産

投資マンションは「なんかウサン臭い」という人がまだまだいます。

「マイホームを3千万円のローンで買ったで!」という人に、「おめでとう」「すごいね」「夢のマイホームだね」などと称賛する人は多く、「お前それいかんで」「そんなに借金抱えたら危ないじゃん」という人は皆無です。しかし、「2千万円の投資用のワンルームマンションを買った」という人には、「まじで」「危ないやん」「不動産は水ものやで」という人はたくさんおります。

普通に考えたらマイホームはただの借金、投資マンションは卵をうむ金のニワトリなのに、なぜかマイホームは善で、投資マンションは悪なのです。
ですので、今日は投資マンションの持つ違った側面

スポンサーリンク

「投資マンションは生命保険代わりににもなるんやで」

という話しをしたいと思います。

生命保険文化センターの調査によれば、だいたい男性は平均すると、月に1.9万円の生命保険をかけています
例えば30歳で1.5万円/月の掛け金で、30年間支払ったとすると総額540万円のお金が必要になります。もしこのお金を不動産投資に回せばどうなるか。
例えば30歳で2千万円の物件を100万円の頭金、金利2%30年ローンで買ったとしたら毎月1.3万円のプラスが出る計算になります(家賃8万円の計算)。470万円のプラス。540と470で約1千万円の得になります

スポンサーリンク

不動産投資の持つ保険的側面

メリットはこれだけではありません。生命保険は万が一の時のための備えですが、投資マンションにも保険金の側面があります。側面というか内容は保険そのものと言っても良いかと思います。

投資マンションのローンでも団体信用生命保険がつくからです。上記例でいうと1900万円のローンを抱えて亡くなったとすると、そのローンがちゃらになるからです。ローンがなくなったマンションの価値は2千万円なので、売れば当然その値段がつきます。(売買手数料等は少々取られます)

また、売らない場合は2千万円の価値を残したまま、8万円の家賃収入がそのまま入ってきます

というわけで、今回は、不動産投資は他の金融商品にはない特徴を持つもので、団体信用生命保険代わりにもなるものというお話しでした。