金(GOLD)相場が今後も上がり続ける理由

投資

本日づけ(2020/07/28 10:00:00)の金相場はこんな感じです。前日比何と+124円/g。
・ 本日のWeb金小売価格(税込)7,343円/g
・ 本日のWeb金買取価格(税込)7,273円/g

6/18日にも金に関する記事を書きました。こちらです。

なぜ金(GOLD)価格が高騰しているのか説明します
こんにちは。わたくし、不動産投資が本業でありますが、金投資も結構長くやったりしとります。なので今回は金(ゴールド)の話しをします。金価格がこのところ高騰を続けています。わたしが取引している三菱マテリアル社の金価格によれば、「なんと」6/...

「この時の金価格は6.584円/gでした。それから何と40日で759円も値上がり。でも、最初に言っておきますが、わたくし、なんと昨年2019年12月に手持ちの金を全て売ってしまっております、涙。売値は5,800円くらいだっと記憶してます。そうです、この辺りが際だと読んだからです。まさか、ここまで値上がりするとは思ってませんでした。」

と書いております。正直5,800円がいっぱいと読んでいたわたしは、まさか6,584円どころか、今の7,343円にまで値上がりするなどとは夢にも思っていませんでした。が、何とこの時から金投資を再開しても十分に儲けていたのです。

なぜ金は上昇したのか

結果論になりますが、値上がりの説明をしたいと思います。
まず5年グラフを見てください。

(出典:三菱マテリアル)

5年前は約4,500円/g、この5年で金は4割も上昇しています。1日1.55円の上昇、上昇額は2,800円/g。たらればですが、1,000グラム買っておけば、280万円の儲けがでた計算です。

今、巷では上昇要因についていろいろ言われています。
①コロナ禍による世界経済の失速、②米国(ドル)の実質金利のマイナス、などドルの代わりの金、つまり代わりになる通貨の面から投資されていると報じられています。
特に「コロナ拡大による先行きの不安」はものすごく、いつ第2波がくるのかと世界が戦々恐々としていて、この状況で経済状況に敏感に反映される株、FX、先ものなどに手を出そうというチャレンジングな投資家はいないと思います。

金相場はどうなるのか

しかし、わたしはこの要因の他に世界の安全保障情勢、特に米中関係の悪化が大きな要因になっているとみます。
1年グラフを見てみると、

(出典:三菱マテリアル)

1年前は5,400円で、この1年間で3割5分、1日当たり5.2円の上昇

(出典:三菱マテリアル)

1か月グラフを見てみると、1月前は6,700円、この1月間で1日当たり20円上昇しています。つまり、大きな伸びはここ数か月です。ここ数ヶ月で米中関係に起こったことをまとめると

1月15日: 米中両国が貿易協議「第1段階」の合意に署名
1月31日 :米、新型コロナで中国全土からの入国制限発表
4月29日:米国の新型コロナウイルスによる死者が5万8365人となり、ベトナム戦争の米国人犠牲者数を超え、アメリカはこれを中国がWHOを操作し隠蔽したことによる犠牲だと非難
5月14日:トランプ氏が中国と「関係を完全に断ち切ることもできる」と発言
同日:米上院、ウイグル人権法案を可決
6月2日:アメリカのマティス国防長官は、中国が南シナ海で進める軍事拠点化について、抑圧と脅迫を目的にしていると激しく批判
7月1日:米下院は、中国による「香港国家安全維持法」の施行を受け、香港の自治侵害に関して制裁を科す「香港自治法案」を全会一致で可決

金市場もそれを先読みし、敏感に反応したのではないかと思います。

7月23日、ポンペオ米国務長官は、対中政策に関する演説で中国への苛烈な批判を展開した。「中国(共産党)は国内ではより独裁的になり、世界では自由への敵対姿勢をより強めている」と、はっきりと共産党批判をしています。当初貿易関係の悪化だったものが今や安全保障、それどころか共産主義VS自由主義のイデオロギー対立まで来ていて、両国は簡単には引かないと考えられています。

なので、これからも米中関係のさらなる悪化に伴い、金相場は上がり続けるのではないかと思っております。