【FPが教える】どうやったら貯蓄できるのか。世間の平均貯蓄額っていくら。

リテラシー

こんにちは。

今回は貯蓄についてお話しします。

一体周りの人たちはどのくらい貯金があるんだろうか。自分は少なすぎやしないか。と考えることはありませんか。

特に独身の方はこれから、結婚、子育てなど人生のイベントが多くなっていくので。
というわけで、まずは一般的にどのくらい貯金があるのかを見てみます。

独身30代の貯蓄額、真ん中は77万円

この表が単身世帯の資産保有額です。30代でいうと、平均値が359万円、中央値が77万円です。

平均値というのは文字どおり総額を個数で割ったものでこの場合は1,350。中央値とは、データを小さい順に並べた時に真ん中にくる値のことです。例えば、「100、150、200、300、6,000」という5つの数字の場合、中央値は3番目の値の200になります。中央のデータの個数が偶数の場合は真ん中の算術平均が中央値です。「100、150、200、300、400、1,000 」の場合、200と300の平均の250が中央値となります。

平均値は一部に極端な数値があるとその数値に大きく影響されてしまい、感覚的な「真ん中」とはずれてしまいます。

(図1)

(出典;金融広報中央委員会)

 

例えば下図は総務省が出している貯蓄額のグラフですが、平均値1,820万円に対し、中央値は966万円とほぼ倍の開きがあります。

これはグラフを見てわかるとおり、一部の超富裕層の収入部分の占める割合が全体に大きく影響しているためです。

(図2)

(画像:東洋経済)

よって、本当の肌感覚を知るのであれば、中央値が正解だと思います。なので、先の30代独身の肌感覚でいう真ん中は77万円ということになります。

ちなみに各世代の夫婦世帯の貯蓄額はだいたい独身の1.5倍と言われています。よって、30代の夫婦であれば、約160万円といったところでしょうか。

約4割は貯金額がゼロ

先の(図1)の表で、興味深いデータがあります。それは30代独身世帯の約4割は貯金がゼロというデータです。
他方、500万円以上貯蓄があるという世帯も4割近くを占め、貯金がある人とない人が2極化していることがわかります。

これからかかる費用はいくら?

貯金の目標になるのがこれからの費用の目安だと思います。

・結婚にかかる費用

平均350円一方で、結婚式でもらうご祝儀の総額は平均224万となっています。
(結婚費用は親に出してもらう方もかなりいるようですし、コロナ禍で披露宴をする人も少なくなるでしょう)

・出産にかかる費用

公益社団法人国民健康保険中央会が公表している数字によると、出産には約50万円必要とのことです。ちなみに健康保険から42万円の出産一時金が支給されます。

・子どもの教育資金

ざっくりと1,000万円から2,000万円と言われています。ここまで差が出るのは、私立にするか公立にするかの選択でかなり分かれるからです。

どうやって貯めれば良いか

興味深いアンケートがあります。同じく金融広報中央委員会からのデータからです。

これによると、金融資産の選択では収益性と安全性を重視。さらに収益性の高い金融商品では元本割れを起こす可能性があるものを保有しようとは思わないが60%以上あります。

(出典;金融広報中央委員会)

(出典;金融広報中央委員会)

この傾向からすると、貯蓄は定期預金になろうかと思います。株やFXや金(gold)投資は元本割れはしたくないとの志向からだと選択しないのではないかと思います。

あとはあるとすれば、「つみたてNISA」が良いかと思います。リスク分散されていて(リスクゼロではもちろんありません)、非課税期間が最長20年、少額から始められる、手数料が安いというのも魅力です。

それより手堅いiDeCo(個人型確定拠出年金)がありますが、これはお勧めしません。

iDeCoは私的年金制度です。定期預金、保険商品、投資信託のなかから商品を選び、毎月の掛金を積み立てて運用します。積み上げた資産は、60歳以降に年金または一時金で受取ります。

積み立てた金額はすべて所得控除の対象となる。運用益が非課税になる。受取時に公的年金等控除が適用され、所得税が軽減されるというメリットがある一方、積み立てたお金は原則60歳まで引き出せないというデメリットがあります。

わたしは、この60歳まで引き出せないというデメリットは致命的だと思います。これから定年までの人生、何が起こるかわかりません。必要になった時に絶対におろせない貯蓄はあまりにも不便です。

わたしはこれまでのエントリーで書いているように、貯蓄をしたらそれを頭金にして、ワンルームマンション投資をお勧めしています(リスクゼロではありませんが、ローリスクミドルリターンです)。こちらの記事です。

マンション王に俺はなる!という人へ/【体験】で語る「1軒目のマンションをどうやって買うか」
今回から何回かにわたって、寄せられた質問に答える形でお話ししていこうと思います。第一回の今日は「どうやって最初のマンションを買うのか」寄せられた質問の中で、一番多かった質問がこれでした。(わたしの)ブログを読んでそれなりにわか...

さて、貯蓄の仕方ですが、こればっかりはコツコツやるしかありません。もちろん副業をしている方であれば、副業を丸々貯蓄に回せば良いのですが、会社勤めをしながら副業は大変ですし、そんなに簡単に儲かる副業もありませんしね。

例えば、

①2万円の貯蓄/月+ボーナスから10万円/年2回だと、30年で1,320万円

②2.5万円の貯蓄/月+ボーナスから15万円/年2回だと、30年で1,800万円 貯蓄できます。

若い時の月2万円は厳しいでしょうが、ランチを削る、洋服代を少し削る、外食はできるだけしない。などなど工夫してみてください。

最後に、わたしの顧客の中で面白いことをしてるなと思ったものがあったので参考にしてみてください。

100円玉貯金箱。ペットボトルは絶対に買わない。ガソリンはいつも半分にして満タンで走らない(燃費だそうです)。iphoneをやめてジャパネットや楽天の携帯にする。カードを徹底的に1つに絞ってポイントを貯める。

あまりやりすぎると長続きしませんので、ご自身にあった貯め方をしてみてください。