低気圧になると起きる嫌な偏頭痛/ 原因と対処策をお教えします/ 頭痛予防アプリも紹介

リテラシー
スポンサーリンク

低気圧頭痛でもう悩まない

低気圧がくる頭痛が起きるから憂鬱って人多いのではないでしょうか。あのズキズキとうずくようになる頭痛。
実はわたしもそうなんです。わたしの場合は頭痛にプラスされてめまいもやってきます。

朝からずっと嫌な気分で、昼になっても食欲は湧かず、夜はベッドに入っても眠れない。
放っておくと1日中嫌な気分で過ごさなければなりません。

これまでなんとか我慢して偏頭痛と付き合ってきた方も多いと思いますが、ひどい時には寝込んでしまうような場合もあります。

薬が効くのか、西洋医学?漢方薬?ヨガ?体操?気の持ちよう?とかいろいろ対処策が出てきて素人では判断に迷います。

でも大丈夫です。わたしも持病ともいえる頭痛を10年間も経験していたのですが、これからお話しする方法で偏頭痛を克服しましたので、その経験を元に対処方法をお教えしたいと思います。

(写真:AC)

スポンサーリンク

頭痛専門医に聞いた「低気圧偏頭痛の原因は3つ」

そもそもなんで低気圧になると頭痛が起こるのか、を調べました。というのも、頭痛という敵はどんなやつなのかを知れば、対処策につながると考えたからです。というわけで、頭痛専門のお医者さんに聞くのが早いと思い、都内にある専門医を訪ねました。(もっと早く来ていれば・・・)

専門医をたずねてわかったことは3つです

1.低気圧になると血管の周りの圧力が下がる
2.圧力が下がると血管が膨張する(広がる)と神経を圧迫する
3.圧迫された神経に痛みが走る

ということです。

先生はこうも言っていました。
「実は低気圧以外にも血管を膨張させる原因はあるんですよ」と。

正直「えーーっ」て感じだったのですが、聞いてみると確かにそのとおりで、思い当たるふしがありました。

低気圧だけじゃない偏頭痛の原因

先生曰く
「運動、飲酒、日光、生理(女性)なども血管が膨張します」と。

確かに夏の海水浴などで帽子をかぶらないと頭が痛くなっていたし、お酒が弱いのも手伝ってか、お酒を飲むと頻繁に頭痛が起きていました。

またまた、先生曰く
「女性に多いと思われていた偏頭痛ですが、最近は男性の患者さんが多いのです」

なるほど、確かに生理以外の運動、飲酒、日光は性別に関係ないし、特に飲酒は男性の方が多いくらいです。コロナ禍で家飲みが多くなった男性諸氏も、これから偏頭痛に見舞われることも多くなってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

偏頭痛の対処策は2つ

原因がわかったので対処策をお話しします。

偏頭痛を治す方法その1は、首を冷やすこと

先生曰く、
首を冷やすことです。頭を冷やすことによって先ほど言った血管が膨張(広がる)することを抑えられます。血管の膨張を抑えれば神経を圧迫することが防げるのです」、とのこと。

先生のお勧めは保冷剤をハンカチなどに包んで、首の後ろを冷やす。首の周りはリンパが通っているので、血管を効果的に冷やすことができるのです。

わたしは首の後ろを冷やすと同時に、額に冷えピタを貼っています。先生に聞くと、それも効果的だとおっしゃっていました。

正直、驚くほどの効き目があります。即効性はないものの30分も経つと痛みが和らいできて、1時間後には気にならないくらいになります。

正直対処策は「首を冷やすだけ」でも良いくらいで、2つ目はおまけの感じで読んでください。

偏頭痛を治す方法その2は、薬を飲むこと

先生曰く
トリプタン系薬剤という薬を飲むこと」

大事なのは、トリプタン系薬剤という薬。これは市販はされていないので、基本的に専門病院でしか処方されません。ただ、かかりつけのお医者さんでも、偏頭痛なのでトリプタン系薬剤が欲しいと言って、お医者さんがそう診断してくれれば処方してくれるそうです。

ちなみに、トリプタン系薬剤は、脳の血管の拡張を抑制して、痛みを伝える物質などが放出されるのをおさえるので、片頭痛の症状をかなり軽減できます

わたしはこれを飲んでかなり痛みは軽減されましたが、先生曰く、市販の薬でも痛みを緩和する成分は含まれているので、医者にかかれない時は飲むことをおすすめします、とのことです。

ちなみにわたしはトリプタン系薬剤がない時は、いつもノーシンを飲んでいました。バファリン、ロキソニンよりもわたしには効き目がありました。

(写真:AC)

PS.わたしが訪ねた病院は都内にあるの頭痛専門医なのですが、頭痛専門医でなくとも、脳神経外科やペインクリニックでも大丈夫ですので、お近くの病院を探してみてください。

スポンサーリンク

偏頭痛を軽減するポイントとまとめ

偏頭痛は本当にやっかいで嫌なものです。梅雨時は特に憂鬱になります。今の時期ですとこれから秋雨が活発になってきます。秋雨前線は当然低気圧を伴ってきます。(先も言ったように男性は家飲みでの血管膨張も)

なんとか我慢してきた偏頭痛も原因がわかれば、対処策も簡単です。特に首を冷やすことはお勧めです。薬を飲むのがなんとなく嫌だなという方も首を冷やすなら抵抗なくできます。

特に寝る時前に首回りを冷やして冷えピタをすると気持ちよく眠れたりします。ぜひやってみてください。

最後に、頭痛予防アプリ「頭痛ーる」というのを見つけたので、ご紹介して終わりにします。

このアプリは頭痛予測アプリで、全国主要都市の気圧予報と天気予報をチェックして、頭痛の予測をしてくれます。予報というより頭痛の予防に良いかも知れません。

スマホのアプリですので検索してみてください。