ジャパネットたかた社長の「売り方、営業方法」はなぜ売れるのか

リテラシー

ジャパネットたかたファンのわたしのもとにあるニュースが。なんとジャパネットたかたの元社長である、高田明さんが死亡?

しかし、これ完全なガセだとわかりました。こういう著名人の死亡のニュースって結構ありますよね。あたり触りのない?ところでいうと金正恩委員長とか。というわけで元社長は死亡していません。

スポンサーリンク

高田明元社長はご健在です

そしてそれよりも重要なニュースがありました。

なんと、あの高田明社長のMCの真髄である、画面越しにものを売る極意を紹介している記事を見つけました。

(出典:prejident online)

リモート営業の第一人者! ジャパネット髙田「画面越しに売る奥義を教えます」(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース
■今日は紫陽花を飾りました  ジャパネットたかたは初め、東京や福岡のスタジオを借りてテレビショッピングの収録をしていましたが、スピードを重視しようと長崎県佐世保市の本社にスタジオをつくりました。そ

詳細は読んでいただけるとわかると思いますが。要点は4つです。

 

・商品を熟知する
・本気で伝える
・伝える技術(導入、展開、結論)
・間(ま)を入れる

この中で、特に唸らされたのは、世阿弥を参考にしていたという部分。

僕は世阿弥の「序破急」を参考にしていました。序は導入、破は展開、急は結論。シンプルですが、これを意識すると話の順番をつくりやすかったです。

世阿弥は「一調二機三声」が大切だとも指摘していました。この言葉は発生するための3つのステップを意味しています。

まず声の張りや高さを心と体の中で整えて(一調)、次に声を出すタイミングを計って(二機)、そして最後に声を出す(三声)

さらにわたしは、これに加えて高田氏が言わなかった、企業秘密?とも言えるジャパネットたかたの商品宣伝の構成について言及したいと思います。

長年ジャパネットたかたを見続けているわたしの目からみたものです。

スポンサーリンク

徹底的に商品説明をする

まずはこれでもかと徹底的に商品説明をします。そしてその説明にもひと工夫ふた工夫あるのです。

日本人の特性を利用する

「エスニックジョーク」をご存知でしょうか。エスニックジョークとは、ある民族の民族性、もしくはある国の国民性を端的にあらわすような話によって笑いを誘うジョークのことを言う。国民性や民族性を大げさに皮肉ったり、はぐらかしたりすることだ。こんな感じのジョークです。

『沈没船ジョーク』

・沈没しかけた船に乗り合わせる様々な国の人たちに、海に飛び込むよう船長が説得を行う。

アメリカ人に 「飛び込めばあなたはヒーローになれます」
イギリス人に 「飛び込めばあなたはジェントルマンになれます」
ドイツ人に 「飛び込むのはルールです」
イタリア人に 「飛び込めばあなたは女性に愛されます」
フランス人に 「飛び込まないでください」
ロシア人に 「海にウォッカのビンが流れています」
日本人に 「皆さん飛び込んでます。」

そうです。日本人はみんなが「買っているなら買う」なのです。

ジャパネットたかたではこれを利用して

・販売台数をいう→たくさんの人が買ってるんだ、ほな買おう

・画面に電話メーターを出す(ひっきりなしの電話)→売れてるんだ、ほな買おうと日本人の特性をくすぐります。

 

他の商品とは比較しない

他の商品との比較はしません。比較をするのは時間の無駄とばかりにひたすら自社商品を宣伝します。

比較しないのは自社商品も同じです。よく何年前の自社商品と比較して、という会社も見かけますが、暗に昔の商品をdisっていることになりますので、ジャパネットたかたでは決してやりません。

実演を長くする

実演は長いです。掃除機もジューサーも、炊飯器も実演できるものはなんでもします。実際に使っていてどうだ!というアピールです。実演できない場合は動画を流します。(ケルヒャーなど)そしてその後、必ず使った人のコメントを流してダメおしします。

スポンサーリンク

商品説明と値段紹介の時間は9:1

商品説明に大半の時間を割いて、お客の興味をこれでもかと引きます。でも、まだ値段は言いません。

次から次へと商品の良いところを伝えます。20分の枠なら18分が商品説明、割合は約9:1ですです。

で、お客がもう待ちきれん、もう良いところはわかったからお願いだから値段教えて〜と思うまで惹きつけます。

そして、値段発表。でもまだあります。値段はとりあえず言うだけ。そのあとがあります。

そう、必殺無料無料です。送料無料、分割手数料無料、配送料無料。

そして止めは下取りで○万円引き、そして値引き○万円。

これでお客様はイチコロです。

というわけで、今回はジャパネットの営業手法をご紹介しました。

PS.ジャパネットたかたの無料の発音にも秘訣がありますので、こちらもご覧いただけると幸いです。

なぜジャパネットたかたは「むりょう」の発音を変えたのか
以前のエントリーで、「ジャパネットたかたの「むりょう!」の発音に隠された恐るべき戦略」と題して「むりょう」のイントネーションが、東京と違うことについてお話ししました。こちらです。この中で、「そのむりょうの発音がキーです。東京ならば普...