2018-12

メディア掲載

IWC脱退に考える日本の国益(アゴラ掲載記事)

日本が国際捕鯨委員会(以下IWC)を脱退することについて、日本の大手各紙は反対の記事を社説に掲載している。そしてその理由のほとんどは国際協調を理由に挙げている。 West Australianより引用:編集部 読売新聞は、「日...
メディア掲載

韓国のレーダー照射が「真に日本に突きつけたもの」(アゴラ掲載記事)

1.  韓国海軍の自衛隊機へのレーダー照射 12月20日、自衛隊の哨戒機が韓国海軍からレーダー照射を受けた。事件から6日経つが、日韓の主張が食い違い一向に収まる気配を見せない。事件は20日の石川県能登半島沖の日本海で、韓国海軍の駆逐艦が海...
メディア掲載

徴用工問題で日韓が絶対に「歩み寄れない」理由(アゴラ掲載記事)

徴用工問題で、日韓がいよいよ抜き差しならない状況へ陥ろうとしている。12月24日、韓国訴訟団が新日鉄住金に提示した回答期日が過ぎた。原告代理人は期日を過ぎた場合、韓国にある同企業の資産を差し押さえると言っていた(産経新聞)。 最高裁...
メディア掲載

浅野内匠頭の刀があと3センチ長かったら(アゴラ掲載記事)

「この間の遺恨、覚えたるか」 「仮名手本忠臣蔵 三段目」歌川国芳画(Wikipediaより:編集部) 元禄14年3月14日江戸城殿中松の大廊下で、播磨赤穂藩の藩主である浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけ...
メディア掲載

ゴーン事件と「スリラー・イン・マニラ」(アゴラ掲載記事)

「スニラー・イン・マニラ」は1975年10月1日にフィリピンのマニラで行われたプロボクシング世界統一ヘビー級タイトルマッチ、「モハメド・アリ」対「ジョー・フレージャー」の第3戦の俗称である。「スニラー・イン・マニラ」は二転三転し、最後の最後...
メディア掲載

「情報」の重要性(アゴラ掲載記事)

12月8日という日がまたやって来た。77年前、日本がハワイオアフ島の真珠湾を攻撃して日米戦が開始されたが、(この戦略を含め)その後も愚策を重ねる当時の日本を「情報」の視点から考えてみた。 日本の攻撃を受けた米軍艦(米海軍公式写真より...
メディア掲載

ゴーン事件に「トップの任期」を考える(アゴラ掲載記事)

カルロス・ゴーン氏が巨額の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして逮捕された事件の概要が明らかになってきた。 「ゴーン前会長は約20億円の年間報酬のうち、約10億円はその年に受け取って開示し、残る約10億円の受領は退任後に繰り延べる...
スポンサーリンク