2019-04

メディア掲載

平成の時代を跋扈し続けた怪物「憲法9条」(下)(アゴラ掲載記事)

5. 平成に現れた「怪物を退治しようとする男」 怪物は退治をしたくない勢力(主に野党とメディア)を味方につけて、その勢力を拡大していった。しかし、一人の男が現れた、安倍晋三という男だ。祖父はあの岸信介。安倍は2006年(平成18年)9月に...
メディア掲載

平成の時代を跋扈し続けた怪物「憲法9条」(上)(アゴラ掲載記事)

平成には怪物がいた。その怪物は、昭和から平成と戦後70年以上も日本に棲みつき跋扈し続け、わがもの顔でのさばってきた。人は何度もその怪物を退治しようと試みたが、そのたびにその「怪物」は変幻自在に姿を変え、退治しようとする人たちを弄び、あざ笑う...
スポーツ

習志野高校はなぜ敗れたのか(アゴラ掲載記事)

平成最後となる第91回選抜高校野球大会は、愛知の東邦高校の優勝で幕を閉じた(毎日新聞)。スコアは6-0。東邦高校は2本の2ランホームラン、投げても完封と石川選手の活躍により、中身はワンサイドゲームとなったが、習志野高校との実力差は正直そこま...
メディア掲載

新しい御代の「坂の上の雲」はどこに(アゴラ掲載記事)

「まことに小さな国が開花期をむかえようとしている」 有名な歴史小説『坂の上の雲』の冒頭である。『坂の上の雲』は、日露戦争を背景に、坂の上の青い天にかがやいているであろう、一朶の白い雲をめざして坂道を登っていく楽天家たち(明治の人たち)を描い...
スポンサーリンク